罰金が高い

交通事故による罰金は昔よりも上昇しています。それは交通事故に対する社会からの視線が、以前よりも厳しくなっている現れです。軽視してもいい問題であれば罰金の上昇は道理ではありません。問題を解消したいために罰金を高くする事は、トラブル件数の減少の十分な効果を期待できます。 交通事故を発生させる要因の一つに、運転者が慌てているという事実があります。普段通りに運転すれば事故が起こらない場面にも関わらずトラブルへ発展するのは、何かに急かされているからです。その中でも特に事故を起こす事が多いと言われている人種は、ビジネスマンだと言われています。仕事や立場で多少の違いはあるものの、ビジネスマンは常に納期や期限に急かされているので妥当です。

企業絡みの事故を減らすためには、活動内容を改善させるしかありません。それを目的に開発された規格はISO39001と呼ばれています。ISO39001が提唱しているのは安全な運転です。仕事に追われていてもルールを守る事を義務付ければ、交通事故の減少に多大な効果があります。 ISO39001が登場したのは2012年からでした。スェーデンがイニシアチブを握ってISO39001を導入したのです。それ以前は交通事故を抑制する国際的な規格は存在していなかったので、画期的なものであると高い評価を受けています。ISO39001が登場したばかりの頃は、導入に後ろ向きだった国も少なくありませんでした。しかし昨今では多くの国に有効性を認められているのです。